東京のクリニック開業ガイダンス » 東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識

東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識

今まで医師として活躍してきた経験をもとに開業を考える医師が、独立する前に知っておきたい基本的な知識を解説します。実際に始めるまでにかかるスケジュールや費用、そして本当に開業して年収が増えるのかも知っておきましょう。

東京でクリニック開業するまでのスケジュール

開業を始める前に準備しておかなければいけないことはたくさんあります。大まかなスケジュール感は下記に分けられます。

1年前からは主にコンセプトや開業地の候補検討などの下準備を進めます。開業を検討し始めた早い段階にて保健所などへの相談も必要です。

手続き自体は直前で大丈夫なのですが、準備ができた段階でクリニック名が使えないとなれば大変なので、あらかじめ相談しておかなければいけません。

具体的に開業地が決まれば、開業半年ほど前から資金の調達をした上で内装工事や医療機器の相談などを進めます。3ヶ月前では求人採用や機器発注など、実際に開業するクリニックが形になる準備が中心です。

スムーズに進めるためにはまだ開業するかどうか決めかねている段階から、開業をサポートしてくれる会社への相談が大切です。

クリニックを開業する
までのスケジュールに
ついて詳しく見る

東京でクリニック開業するための費用

開業費用は診療科目によっても変わってきます。特に大きく費用がかかるのは医療機器で、脳神経外科で場合によっては1億円もの費用が必要になるケースも。

反対に費用があまりかからないのは心療内科や精神科と皮膚科で、1千万円以下で開業できる場合もあります。他の診療科目では基本的に1千万円から3千万円ほどの間です。

他にも広告費用や内装費前家賃などが数千万円単位で必要です。

大きな金額ではありますが、必ずしも自己資金を多めに用意していなければいけないわけではありません。開業サポートの企業などに相談し、ローンの斡旋などを受けて備えるのがおすすめです。

クリニック開業するための費用について詳しく見る

年収や休みは?開業医と勤務医の違い

開業医と勤務医では年収に大きな違いがあります。全体的な平均で考えると開業医のほうが年収は大きくなり、平均的には1千万円以上もの差がつきます。

しかし開業すれば必ずそれだけの年収を稼げるわけではありません。

きちんと患者を集めて経営を安定させられないと、反対に勤務医よりも年収が少なくなってしまいます。

また休日も開業医ではあまり自由に休めないケースが基本です。しかし他に医師を雇ってシフト制で担当すれば、自分がクリニックにいなくても問題ありません。年収も休日も経営状況によって大きく変わってきます。

開業医と勤務医の違いについて詳しく見る

クリニック開業のために必要な資格は?

絶対に必要となる資格は医師免許のみ。また医師免許を取得さえしていれば、年齢や医師としての勤務年数などは関係なく、クリニックを開業することができます。

その上で、「医療経営士」「医業経営コンサルタント」「病院経営管理士」といった資格を持っていると、病院経営によりプラスになるでしょう。そのほかんも「防火管理者」も院長自身が務めるのが望ましい資格もあります。

クリニック開業のために必要な資格について詳しく見る

クリニックの開業時に出すべき届出は?

クリニック開業にあたり、必ず必要となるのが所轄の保健所に提出する「診療所開設届」。その上で保険診療を行うためには、この開設届を含めた必要書類を所轄の厚生局に提出し、「保険医療機関指定申請」を行わなければなりません。

また、個人事業主としてクリニックを開業する際には所轄の税務署に「開業届」を提出。金融機関の口座開設や借入を行う際には、この開業届のコピーが必要になります。その他にも、クリニックの規模や業態、設置する医療機器などに応じて届出が必要になります。

クリニックの開業時に出すべき届出について詳しく見る

クリニック開業コンサルの選び方は?

クリニック開業のコンサルを選ぶ際、「料金や支援内容を確認する」「実績を確認する」「無料か有料かを確認する」「コンサルの質を確認する」「担当者の質を確認する」などが大切です。コンサル会社だけでなく、担当者との相性やスキルによっても大きく左右されます。そのため複数の会社を選び、問い合わせや相談などを行いながら担当者の技量を見極めるようにしましょう。クリニックの理念や院長の考えを理解してくれるコンサル会社・担当者がおすすめです。

クリニック開業コンサルの選び方について詳しく見る

クリニック開業に適した年齢は?

クリニックを新規開業する平均年齢は41歳~43歳ほどです。またクリニックを開業する最適な年齢は30代後半~40代前半と言われています。年齢が若いほど返済期間が長くなるので融資が受けやすく、もしクリニック経営に失敗したとしても再就職しやすいといったメリットがあるでしょう。一方、年齢を重ねて開業すると勤務医時代に人脈が作れるため開業後にも相談がしやすい、知識・経験がしっかりとあるなどのメリットも。人生設計が考えたうえで、いつが開業のベストタイミングなのかを考えましょう。

クリニック開業に適した年齢は?について詳しく見る

クリニック開業に併せて検討したい保険

クリニックを開業する際に行いたい準備のひとつに、「保険について検討する」ということが挙げられます。これは、クリニックを開業し、経営していく上では「休業リスク」「災害リスク」「就業不能リスク」「訴訟リスク」など、考えられるさまざまなリスクへの対策を行っていくためです。そのためにも、加入を検討したい保険としては「休業補償」や「火災保険」、「生命保険」、「医師・医療施設賠償責任保険」の4種類が挙げられます。

クリニック開業に併せて検討したい保険について詳しく見る

医療機器はリースと購入のどちらが良いのか?

クリニックを開業する際には医療機器を揃える必要があります。この際、リースを利用するか購入するかを迷ってしまう方も多いかもしれません。 例えばリースの場合には初期費用を抑えられる・新しい機器への乗り換えが用意であるなどのメリットがありますし、購入する場合には必要なのは購入費用のみである点や、経費計上ができるといったメリットがあります。ただしそれぞれにデメリットがありますので、リースか購入かをしっかりと検討した上で医療機器の導入を行う必要があるといえるでしょう。

医療機器はリースと購入のどちらが良いのか?について詳しく見る

クリニック開業時に事業計画書の作成は必要?

クリニックを開業するにあたり、事業計画書を作成することによって開業後の様々なリスクを回避することに繋がります。例えば開業後に支出が想像以上に増えて資金ショートに繋がったり、収入が思ったよりも得られずに運営が危ぶまれたりするリスクは、事前の事業計画によってある程度防ぐことができるでしょう。

また、銀行から開業資金の融資を受けるためにも事業計画書は欠かせません。具体的な収入・支出を見積もって、事業計画書を作りましょう。

医療機器はリースと購入のどちらが良いのか?について詳しく見る

診療圏調査とは?

診療圏調査とは、クリニックを開業する候補地を決めるために行われる調査のことです。例えば1日に来院患者が何人ほど見込めるかを把握するために行われ、見込み患者数によって開業のメリット・デメリットを考えます。

診療圏の設定は、同心円で設定する方法と車での到達時間で設定する方法の2通りがあります。また、診療圏にある競合クリニックの特徴や住民からの評判なども調査することで、クリニックのコンセプトがニーズに適しているかも確認できるでしょう。

医療機器はリースと購入のどちらが良いのか?について詳しく見る

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。