東京のクリニック開業ガイダンス » 東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識 » クリニック開業に適した年齢は?

クリニック開業に適した年齢は?

クリニック開業を考える場合、今の年齢が適しているのかどうか悩むこともあるでしょう。ある程度の経験を積むことも必要ですが、高齢になりすぎれば資金繰りに苦労する恐れも。このページではクリニック開業に適した年齢について紹介します。

クリニック開業の平均年齢

2009年による社団法人日本医師会によるアンケート調査では新規開業の場合、開業した平均年齢は41.3歳でした。また2021年度による日本政策金融公庫による調査では43.7歳となっており、徐々に上昇している傾向にあります。クリニック開業の年齢は40歳代が多く、次いで30代が占めている報告も。

もし留年せずに進学すると18歳で医学部合格し、6年間学び、医師免許を取得したとしても2年間の前期研修を終わらなければ医師として一人前にはなれません。そのため開業医として独立できる年齢は最低でも26歳という計算になります。しかし20代で開業医として働いているのはごくわずかで、基本的には数年間医療機関の勤務医として経験を積んだあとで独立を目指すケースが多いようです。

参照元:社団法人日本医師会「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」

参照元:日本政策金融公庫「2021年度新規開業実態調査」(p.2)

クリニック開業するのに適したタイミングは?

平均年齢がクリニック開業の適したタイミングというわけではありません。一般的に独立開業する最適なタイミングは30歳代後半~40歳代前半だと言われています。それは独立すると医療知識・スキルだけでなく、マネジメントスキルも必要となり、新しく知識を習得しなければならないからです。もちろん何歳でも学習はできますが、年齢と共に記憶力・体力が落ちる可能性が高いので、早い段階で準備をしたほうが良いでしょう。

またクリニックも独自のホームページを持ち、集患のための対策を講じる必要があります。しかし一般的に加齢になると、新しいデジタル分野に疎くなりがちなので、若い方が開業には向いていると言えるでしょう。

開業は年齢が若いほうがいいのか

せっかく開業するなら少しでも若い方が良いと考える場合もあるでしょう。ここでは早い段階で開業するメリットや、年齢を重ねてから開業するメリットについて紹介します。

早くに開業するメリット

早くに開業することで返済期間が長いため金融機関からの融資が受けやすくなり、自身で土地・建物を開業する場合は固定資産として長期間活用できるといったメリットがあります。また独立後のライフプランも立てやすく、DX化にも柔軟に対応できるといった魅力も。

もし独立が上手くいかなくても、年齢が若ければ再就職もしやすくなり、万が一のリスクにも備えられるといった点もメリットと言えます。

年齢を重ねてから開業するメリットはある?

一方で年齢を重ねてから開業すれば、先に開業している医師からのアドバイスをもらいやすくなります。また高度な医療を行っている大学病院などで経験を積むことで、知識・スキルも高められるといったメリットがあるでしょう。しっかりと医局で人間関係を構築したうえで、独立できるという魅力も。

また基本的に子供も独立したケースが多く、プライベートな不安がない状態で仕事に専念できるといった特徴もあるので、年齢を重ねてから開業することも大きなメリットがあるのです。

開業を考える際にポイントとなるものとは

開業を考えるうえで、大切になるのは「能力・経験」「資金」「医療環境の変化」です。ここでは、それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

能力・経験

当然ですが、独立開業するためには医療に関する能力が必要となります。しかし医療知識だけでなく、集患施策・スタッフの採用・教育の能力も求められるでしょう。勤務医であれば医師としての役割しかありませんが、開業医であれば医師・経営者・管理者といった役割を果たさなければなりません。また経営・マネジメントの能力や経験も積んでおくと、よりクリニック運営がしやすくなります。

人によっては資金面などの問題も考えて、早い段階で開業を検討する医師も増えつつあるようです。

資金

開業医として成功させるためには、資金計画も綿密に考える必要があります。クリニックを開業するとなれば物件取得費・設備購入費・内装工事費・運転資金などの費用が発生し、状況次第では数千万円以上かかることも。そのため自身の手持ち資金だけでなく、金融機関から融資を受けるケースがほとんどです。金額にもよりますが金融機関から融資を受けるためには年齢が若い方が有利となり、高齢すぎると融資が受けられないケースもあるので注意しましょう。たとえば50代なら、ある程度の資金を自身で用意したほうが良いかもしれません。

医療環境の変化

日本における医療環境は少子高齢化・人口減少・経済政策などの影響によって、大きく変化しています。医師の需要だけでなく、患者の動態や治療ニーズ、取り組みなども変化していくのです。そういった変化に伴い、開業までのスケジュール・方向性を検討したほうが良いでしょう。

また開業前のスケジュールだけでなく、開業後の人生設計も立てておくことが大切です。しっかりと人生設計を考えておけば、開業のタイミングも計れるでしょう。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。