東京のクリニック開業ガイダンス » 東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識 » 年収や休みは?開業医と勤務医の違い

年収や休みは?開業医と勤務医の違い

勤務医として日々勤めている方のなかには、年収や条件に満足しておらず開業医を検討している方もいるでしょう。しかし違いをしっかり把握しておかないと、いざ開業してから「こんなはずではなかった」と感じるかもしれません。

違いをご紹介しますので、参考にしてください。

勤務医と開業医における年収の違い

年収は平均で考えると開業医のほうが多くなります。

勤務医の年収

勤務医は勤務する医療機関によって異なりますが、規模別の全国的な平均年収は下記のとおりです。

10人以上の総合的な平均は約1,178万円です。

開業医の年収

開業医の年収はクリニックの運営状況に左右されます。患者が集まらないと勤務医よりも収入は少なくなりますが、反対に収入は制限がありません。

多くの患者さんが集まる評判の高いクリニックになれば多くの収入を得られます。

なお第23回医療経済実態調査(医療機関等調査)によると、入院診療の収益がない個人の一般診療所における、収益から費用を差し引いた金額の平均は約2,491万円となっています。

勤務医の全国平均と比較すると、1,300万円以上多い状況です。

勤務医と開業医における休日の違い

休日については診療科目や病院の状況によって異なります。

勤務医の休日

勤務医は入院患者がいない病院の場合、医療施設が休日と設定している日には基本的に休めます。あらかじめ他の医師と調整することで休院日以外の休日も取得可能です。

ただし、入院施設がある医療機関で急な容態変化が考えられる患者がいる際には、担当患者の様子を見るために休日の急な出勤が求められるケースもあります。

開業医の休日

開業医なら自分で休診日を設定できます。また経営が順調で他に医師を雇っているならシフトの組み方次第で休日を増やすことも可能です。

しかし反対に患者がなかなか集まらない場合、休院日に他の医療機関でアルバイトする医師もいます。

このサイトでは、物件選びから行政手続きまで、クリニックの開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

勤務医と開業医における福利厚生の違い

福利厚生については勤務医が充実している傾向にあります。

勤務医の福利厚生

勤務する医療機関によっても異なりますが、通勤手当や当直手当などが支給され退職金制度も用意されています。

勤務先が法人ならば下記が整備されているのが一般的です。

ただし個人クリニックでの勤務では、開業医のように自分で確定申告手続きや医師国民健康保険へ加入が必要な場合もあります。

開業医の福利厚生

福利厚生は自分で設置する側の開業医ですが、クリニックを運営する事業主は医師国民健康保険に加入します。もしも法人を経営するなら社会保険に加入しなければいけません。

手当制度の設置は自分次第ですが、すべて経費として実質的に利益から差し引かれることになります。

勤務医と開業医におけるリスクの違い

どうしても経営者となるため、リスクは開業医のほうが高くなります。

勤務医のリスク

勤務医は勤務先によって変わりますが、大学病院などは勤務条件が悪い、給与が低いといった傾向にあります。働き方を重視する方にとってはデメリットです。しかし経営が順調な医療法人においては好条件にて勤務できるケースもあります。

また大学病院や医療法人などは雇用の安定性は高いのが特徴です。

開業医のリスク

開業医は勤務医と比較すると収益が高くなり休日なども自由に設定できる傾向にありますが、経営が順調になるまでは安定性がない点は大きなリスクとなります。

勤務医で優秀な医師であっても開業医で必ず成功するとは限りません。例えば勤務医なら不要だった下記のスキルも必要とされるシーンが多くなります。

ただし上記の医療知識以外が苦手な方であっても、サポートしてくれるコンサルタントが見つかれば、医療業務に専念して大きな収益を得られる可能性が高まります。

参考サイト