東京のクリニック開業ガイダンス » 東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識 » クリニック開業時に押さえておきたい内装のポイント

クリニック開業時に押さえておきたい内装のポイント

クリニックを開業する際、患者に快適な空間を提供するためには、内装が重要な役割を果たします。適切な内装は、患者の不安を軽減し、信頼感を築くことにつながります。この記事では、クリニック開業時に押さえておきたい内装のポイントと、法規制を守りながら快適なクリニック環境を実現する方法について解説します。

内装は患者へ配慮したものを考える

クリニックの内装は患者の不安を軽減し、信頼を築くうえで重要なファクターとなり得ます。待合室の快適性、治療室のプライバシー、そしてアクセシビリティの確保は、患者がリラックスし、治療に集中できる環境を作り出すために不可欠です。次に、これらの要素がどのように患者の心理に影響を与えるか、具体的なデザインポイントと共に見ていきましょう。

快適な待合室のデザイン

患者が最初に接するクリニック内のスペースは待合室です。待合室のデザインは、患者がクリニックに対して持つ第一印象に直結し、その後の治療に対する心理状態にも影響を及ぼします。落ち着いた色合いの壁面、柔らかな照明、快適な座り心地の椅子などを選ぶことで、患者がリラックスできる空間を作り出すことが重要です。また、読み物や子供向けの遊びコーナーを設けることで、待ち時間のストレスを軽減できます。

治療室のプライバシー配慮

治療室は、患者のプライバシー保護が最優先されるべき場所です。透明でないカーテンやパーティションを設置することで、他の患者からの視線を遮り、患者が安心して治療を受けられる環境の提供につながります。また、個室化することで、より一層の安心感を与えることが可能です。さらに、個室内のデザインにも配慮し、温かみのある色合いや装飾を用いることで、緊張感を和らげることができます。

アクセシビリティの確保

クリニック内のアクセシビリティは、来院する患者にとって重要な要素です。車椅子を使用する患者や高齢者がスムーズに移動できるよう、広い通路やスロープの設置が必要です。また、エレベーターや手すりなどの設備も、安全かつ便利に利用できるように配置することが大切です。アクセシビリティを確保することで、すべての患者がストレスなくクリニックを利用できるようになります。

法規制を守る内装の実現方法

クリニックの内装は、自由にアレコレ決められるというわけではなく、患者の安全と快適性を保証するための法規制が存在します。これらの規制を理解し遵守することで、法的な問題を避けつつ、患者に信頼されるクリニックを実現できます。

建築基準法に基づく内装規制

医療機関としてのクリニック内装は、建築基準法に基づく厳格な規制を満たす必要があります。これには、消防法による防火基準やバリアフリー法に基づくアクセシビリティの確保などが含まれます。遵守すべき基準を理解し、初期設計段階からこれらの要素を考慮に入れることが重要です。

感染防止に配慮した材料選び

クリニック内装の材料選びにおいては、清潔さを維持しやすい素材を選ぶことが求められます。特に、感染症の拡散防止は重要なテーマであり、定期的な清掃や消毒が容易な材料の使用が推奨されます。また、耐久性に優れ、長期間にわたり清潔さを保てる素材を選定することが、患者だけでなくスタッフにとっても安心のクリニック環境を実現します。

バリアフリー設計の重要性

すべての患者がクリニックを安全かつ快適に利用できるよう、バリアフリー設計の実施は法律で義務付けられています。これには、車椅子利用者のための広い通路やスロープ、高齢者や身体障害者を支援するための手すりの設置などが含まれます。適切なバリアフリー設計は、クリニックを訪れるすべての人に対する配慮の表れです。

診療科目別に見る内装のポイント

診療科目によって、内装に求められる機能やデザインは大きく異なります。患者が直面する症状や治療の性質に合わせて、内装を工夫することが重要です。以下に、各診療科目ごとの内装で考慮すべきポイントを示します。

内科

内科クリニックでは、落ち着いた色合いとシンプルなデザインを心がけることで、患者の安心感を高めることができます。待合室や診察室は清潔感があり、落ち着ける空間を提供することが求められます。

耳鼻科

耳鼻科は、小さい子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者が訪れます。明るくて楽しい雰囲気を演出し、特に子どもが恐怖を感じにくいようなデザインにすることがポイントです。

皮膚科

皮膚科クリニックの内装は、清潔感を最優先に考えるべきです。また、プライバシーが守られるような診察室のレイアウトが重要であり、患者がリラックスして治療を受けられるよう配慮する必要があります。

小児科

小児科の内装は、子どもたちが楽しめるようなデザインが求められます。鮮やかな色彩やキャラクターを用いた装飾で、治療への恐怖心を和らげ、待ち時間に退屈しないように工夫が必要です。

整形外科

整形外科では、患者の移動をサポートするためのバリアフリー設計が不可欠です。広い通路や手すりの設置、移動を助けるための家具の配置など、アクセシビリティを重視した内装が求められます。

歯科

歯科クリニックでは、モダンで清潔感のある内装が患者に好印象を与えます。また、治療への緊張を和らげるために、リラックスできる要素を取り入れたデザインが効果的です。

美容科

美容科の内装は、高級感と洗練されたデザインが求められます。患者がリラックスし、特別な体験をしていると感じられるような空間作りが重要です。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。