東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「透析内科」を開業する際のポイント

東京で「透析内科」を開業する際のポイント

透析内科は透析を行う方にとっては非常に重要な診療科のひとつです。透析患者をトータルでサポートするなどの役割を持っています。このページでは、東京で透析内科を開業する際のポイントや開業資金、注意点などを紹介するので参考にしてください。

東京の透析内科が診療する範囲

日本における透析患者の数は年々増えている傾向にあり、今後も透析治療の需要は高まると考えられています。

透析内科は基本的に透析の導入から維持のための透析管理を中心に行う診療科です。また合併症の早期発見・予防や緊急時の対応など、透析患者をトータルでサポート。診療科の特徴として多職種との連携も必要となり、また外来患者だけでなく、施設に入居している方の受け入れなどを行うケースもあります。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

透析内科の開業ポイント

立地

透析内科を開業するにあたって、立地面は非常に重要なポイントです。

まずは開業予定地の周辺10キロ・20キロ圏内の透析患者数を想定し、既存の透析内科クリニックなどの数などを踏まえて新患者の獲得数を予想しましょう。また透析患者の場合、糖尿病・腎臓病などの状態が悪化したときに紹介されるケースも多いので、地域中核病院からのアクセスの良さも重視してください。

最後にアクセスの良さも検討した方が良いでしょう。透析を受けている方の場合、週3回ほど通院するケースが多く、通いやすさは重要なポイントになります。大通り沿いにある必要はありませんが、駅チカかつ分かりやすい場所が透析内科を開業するならオススメです。

内装

透析内科の場合、透析を行う時間は病院・クリニックに滞在するため居心地の良い環境を整えることが大切です。テレビやリクライニングベッド、フリーWi-Fiなどを設置するようにしましょう。また透析がキツイ・辛い方もいるため、プライバシーを守るための配慮も必要になってきます。隣のベッドの方と目が合わないようにカーテンで仕切る、暗い雰囲気にならないために明るい空間を演出するなどを行うと良いでしょう。

マーケティング

透析内科は非常にマーケティングが重要な診療科です。病院・クリニックのホームページを作成し、診療日・診療時間・医師の情報などの基本情報だけでなく、強みや特徴などの情報も記載しておきましょう。また透析の特徴や疑問点など専門的な情報も掲載しておくことで、ホームページのアクセス数アップにつながるため、より多くの方への自院をアピールしやすくなります。また大学病院や大規模な病院などからの紹介も病院経営にとって重要になってくるので、医師同士の交流を図り、患者を紹介してもらえるように働きかけるようにしましょう。

透析内科の開業資金

透析内科は透析治療を行える環境を整えなければならないため、どうしても他の診療科よりも開業資金が高くなってしまいます。規模・立地などによっても開業資金は大きく変わってきますが、8,000万~1億円以上が開業資金の目安です。

賃料・内装費用・設備費・検査機器のリース費用・購入費用などの費用が発生しますが、少しでも費用を抑えたいのであれば診療範囲を限定する、旧型の機器を使用するなども検討すると良いでしょう。ただ診療範囲や機器などは集患にも深く関わるポイントになるため、十分に検討したうえで決定してください。

東京で透析内科を開業する際の注意点とは

東京で透析内科を開業するのであれば、どうやって患者数を増やすかが重要になってきます。集患が上手くできなければ、経営にも支障をきたしかねません。そのため人工透析を専門にしている点をしっかりと周知させ、専門クリニックならではの強みをアピールしましょう。

また、他の病院との差別化を図るために魅力的なポイントをアピールすることも大切です。たとえば透析時間をリラックスして過ごせるなども魅力的な要素になります。

透析内科を東京で開業する際、必要な設備や機器とは?

上記のような機器・設備が必要になってきます。入院施設も設けるのであれば入院に必要な設備も準備しなければなりません。またAEDや血圧計などの機器も用意した方が良いでしょう。ほかにも患者リラックスして過ごせるためのテレビ・リクライニングベッドなどの設備も予算も踏まえて検討するようにしてください。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。