東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「消化器内科」を開業する際のポイント

東京で「消化器内科」を開業する際のポイント

東京の消化器内科が診療する範囲

消化器は食べたものを吸収する器官のため、下記臓器の病気を治療する診療科目です。

また内科なので外科手術は対応しません。ただし塞栓術やラジオ波などで治療を行なうケースはあります。

消化器内科が対応する範囲として胃潰瘍や虫垂炎、各臓器に発生した癌などが中心です。悪化しているケースなら他の病院へ紹介となりますが、技術が発達した現代では、ある程度進行していても内科で対応できるケースが増えています。

検査では胃や腸などへの内視鏡検査が対応範囲です。主に患者は胃やお腹が痛いなどの症状や無症状時に検査目的で訪れます。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

消化器内科の開業ポイント

立地

消化器内科を開業するときの立地条件は、一般内科クリニックの条件と同様です。

内科とともに消化器内科を標榜するクリニックも多いため、診療圏調査は非常に重要となります。診療圏調査の内容は、希望エリアのなかに、仮のクリニック開業予定地を設定します。その地点から半径500メートルから1キロメートル程度の地域に同じ診療科で競合する医療機関がどれくらいあるかを調査するものです。

これに地域の人口や受診率などを予想しておおよその患者数を割り出します。物件については、比較的メジャーな診療科ですので、ビルの1階など視認性が良い物件がベストです。

しかし、内視鏡検査をアピールして、上部・下部とも実施するのであれば、広さも必要になりますので、ビルの上層階などでも集患はあるでしょう。駅からはなるべく近いほうが良く、徒歩5分以内の場所が望ましいです。

内装

内装では、近年集患のために凝ったインテリアなどを施しているクリニックもあります。もちろん、一部の方には非常に好評な面もあるでしょう。しかし、消化器内科のように中高年層を中心とした患者さんが来院する場合、洗練されたおしゃれな内装というよりも、清潔感や安心感がある内装が良いでしょう。

特に、内視鏡検査は手術などと同様に、患者さんにとって非常に緊張するものです。その緊張感を和らげられるような内装がベストです。

具体的には、待合室の場合、天井の高くしたり、座席と壁との距離を開けたりすることで、圧迫感を緩和する、患者さん同士が近くなりすぎないように工夫をするなどがあげられます。

また、消化器内科特有のレイアウトとして、下部内視鏡を実施する場合、検査までの待機室や、検査後の回復室なども必要になるでしょう。そのため、通常の内科よりも広いスペースが必要な場合もあります。

また、トイレも男女別はもちろん、他の診療科よりも、どちらも個室を多めに設置する必要があります。

採用

まず、事務方の採用については、ほかの診療科と同様に、医療事務や受付業務の経験が豊富な人材を採用することが重要です。開業直後は少なからず混乱も予想されますので、中心人物を決めておき、その人の指示で対処していくことが必要になります。

基本的には紹介などが望ましいですが、なかなか決まらない場合には、派遣会社などにもあたってみましょう。医療スタッフでも、経験豊富な人材は欠かせません。消化器系の看護経験が豊富な看護師が1人いれば、その人を中心として業務を回していくことが可能になります。また、消化器内科独自のスタッフとしては、消化器内視鏡技師がいます。内視鏡検査が多いクリニックでは、採用しているクリニックもあります。

マーケティング

近年では、内視鏡検査の重要性も広まり、消化器内科クリニックは増加傾向にあるといわれています。そのなかで患者さんを集めるためには、やはり他クリニックとの差別化が重要になってきます。多くの患者さんにアピールできるのは、やはりインターネットを使用したツールです。

特にホームページは有効で、どのような治療をおこなっているのか、内視鏡は上部だけなのか下部も実施しているのかなどをわかりやすく表記しておきましょう。

治療内容の紹介だけではなく、直接診療予約なども受け付けられるシステムもあります。また、差別化という点では、内視鏡検査だけではなく、ほかの専門外来を設けるのも集患につながります。

先生の専門分野にもよりますが、クリニックでの肝胆膵の専門外来は、まだ少ない状況ですので、差別化ができるでしょう。

消化器内科の開業資金

以下に消化器内科を開業する際の開業資金をシミュレーションしてみました。開業地や物件により金額は変動します。また,医師会への入会費用は含まれません。

不動産 敷金 2,880,000円
礼金 528,000円
仲介手数料 528,000円
設計・施工 設計・施工 22,000,000円
看板・サイン 550,000円
医療機器 検査機器(内視鏡検査システム、内視鏡洗浄機器、画像ファイリングシステム等)7,700,000円
その他(超音波診断装置、X線撮影装置等、自動血球計数装置、CRP測定装置、ファイバースコープ、吸入器、全自動身長体重計、滅菌機、AED等)13,200,000円
システム 電子カルテ 3,300,000円
WEB予約システム 880,000円
オンライン診療システム 440,000円
家具・家電 2,750,000円
採用 採用経費 220,000円
マーケティング ホームページ制作 1,100,000円
開業前各種広告費用 2,200,000円
資材等 ロゴマーク作成 110,000円
名刺 55,000円
パンフレット 330,000円
診察券 55,000円
封筒 55,000円
研修時人件費 1,100,000円
行政手続き 社労士(労働保険、社会保険)110,000円
行政書士(開設届関係)220,000円
その他 雑費(備品、ユニフォーム等) 1,650,000円
61,411,000円

東京での消化器内科開業はライバルが多く大変

消化器内科は東京で開業する場合、ライバルが多い点には注意しなければいけません。

同じクリニックで重複している診療科目も含めた調査ですが、東京の内科系診療科目件数と割合は下記のとおりです。

  1. 内科:約536件(91.0%)
  2. 循環器内科:約299件(50.8%)
  3. 消化器内科(胃腸内科):約277件(47.0%)
  4. 呼吸器内科:約217件(36.8%)
  5. 神経内科:約200件(34.0%)
  6. 糖尿病内科:約141件(23.9%)
  7. 腎臓内科:約135件(22.9%)
  8. 血液内科:約65件(11.0%)
  9. 心療内科:約42件(7.1%)
  10. 感染症内科:約23件(3.9%)

もっとも多いのは一般内科ですが、次いで多いのが循環器内科、そして3番目が消化器内科。患者の取り合いになるため、他の診療科目よりも差別化を重要視しなければ、経営を続けるのが難しい診療科目です。

他の診療科目も含めて総合的に診療するか、消化器内科に絞るなら、医院のコンセプト、ターゲットを明確にし、戦略を練る必要があります。

特化するのは診療内容だけではありません。

内装や待ち時間短縮、スタッフの質にこだわり、患者の負担を減らすことで治療の満足感を高める方法もあります。

下部の内視鏡に対応するなら、異性に見られたくない気持ちを重視して男性または女性でスタッフを統一するなどのコンセプトも差別化されるポイントです。もちろんコンセプトが患者に伝わる広告展開も欠かせません。

ピロリ菌の便中や血中尿中、そして尿素呼気試験など自費診療にあたる検査に対応し、収益を増やす方法も考えられます。

消化器内科を東京で開業する際、必要な設備や機器とは?

東京で消化器内科を開業するにあたり、コンセプト次第で準備する設計や設備が異なってきます。

特に大腸内視鏡検査で重視したいのはトイレです。検査前の下剤時、患者側で考えると、クリニックに来ている以外の人も使うトイレは行くタイミングが難しく抵抗感も大きくなります。

たとえば、利用者が多い東京の施設内医療モールにある共用トイレだけだった場合、「二度と行かない」と思われてしまうケースも。

待機場所とトイレが一体化された個室の準備、内視鏡による下剤注入で準備時間を短縮するなど工夫しているクリニックもあります。

そういった工夫は、費用はかかりますが、よい口コミが集まり集患につながる設計です。

医療機器として用意する一例は下記が挙げられます。

どうしても内部に挿入する映像機器を使用するため、滅菌機や洗浄機なども準備しておかなければいけません。

1日に何度か検査を実施する想定なら検査機器も複数設置しておく必要があります。

患者を待たせないための予約システムなども東京のクリニックでは一般的なので、導入しておくべきです。

合わせて活用できる電子カルテがあれば、作業や過去の診療記録を調べる時間も短縮できます。

まだ開業する消化器内科のコンセプトが決まっていない方は、多くの成功事例情報をもつクリニック開業サポート会社へ相談し、情報を収集しておきましょう。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。