東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「呼吸器内科」を開業する際のポイント

東京で「呼吸器内科」を開業する際のポイント

呼吸器に関連する臓器のトラブルを中心に診る「呼吸器内科」。呼吸器内科と言う診療科がどういった科なのかも分かりにくいため、開業するなら診療内容を分かりやすくアピールする必要があります。このページでは呼吸器内科を開業するポイントや開業資金目安、注意点などを紹介するので、ぜひチェックしてください。

東京の呼吸器内科が診療する範囲

咽頭部・気管・気管支・肺など呼吸に関する臓器の疾患を専門に取り扱っている診療科です。たとえば一般内科であれば呼吸器以外の臓器も幅広く取り扱っていますが、呼吸器内科は呼吸器の臓器に限定して診療しています。

上記のような疾患を取り扱うケースが多く、高齢者から小児まで幅広い年齢層が来院されます。そのため幅広い年齢層が通いやすいクリニックづくりが重要になってくるでしょう。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

呼吸器内科の開業ポイント

立地

呼吸器内科は高齢者だけでなく、睡眠時無呼吸症候群や喫煙などに悩むビジネスマン、喘息疾患を抱える小児など患者の年齢層の幅も広くなっています。そのため誰もが通いやすく、分かりやすい場所に開業した方が良いでしょう。また車いすやベビーカーで来院する方も多いので、ビルなどのテナントに入るのであれば1階がおすすめです。どうしても2階以上になるなら、エレベーターが完備されているビルなどを選ぶようにしましょう。ただしCTなどを導入するのであれば、建物に搬入できるかどうかも事前に確認してください。

内装

呼吸器内科は感染症の疾患も診療するケースが多く、感染予防のために広めの待合室や複数の診療室を設けた方が良いでしょう。また車いす・ベビーカー・酸素ボンベなどの方もいるので、バリアフリーにするだけでなく、廊下の幅にも配慮を行ってください。

またCTを導入するなら、CT室やキュービクルのスペースを確保しなければなりません。また呼吸器リハビリの施設基準をクリアするためには、45㎡以上のスペースも必要となります。

マーケティング

呼吸器内科の病院・クリニックを上手く経営するためには、いかに集患を行うかが重要です。そのためには看板・チラシだけでなく、WEBによる戦略も積極的に行いましょう。

呼吸器内科は、呼吸器を専門に診療するという強みをホームページに打ち出すことが大切です。医療に詳しくない方だと、「呼吸器内科」がどんな診療をしているのか、どんな症状の方が通うのかイメージしにくく、つい内科が第一選択肢となってしまうでしょう。だからこそ呼吸器内科とは何か、どんな診療をするのかなどを明確にホームページでアピールすることが大切なのです。

呼吸器内科の開業資金

呼吸器内科はCTを導入するかどうかによっても開業資金は変わってきますが、一般的に不動産・内装費用・医療機器・運転資金・開業準備金などの費用が必要となります。おおよそ5,000万~8,000万円の開業資金が必要となりますが、CTを導入する場合は1億円ほどかかる場合もあるので、病院・クリニックの規模などに応じて検討が必要です。機器をリースする、中古の機器を導入するなど、予算に合うように費用面を調整しましょう。

東京で呼吸器内科を開業する際の注意点とは

呼吸器内科は専門性の高い診療科のため、すぐに集患できるわけではありません。軌道に乗るまでに時間を要してしまうこともあるでしょう。そのため多めに開業準備金を用意しておいた方が良いかもしれません。

また感染症などを診るケースも多い診療科なので、オンライン診療も検討してください。オンライン診療を行うことによって、仕事や育児などで忙しくしている方の診療にも携わることができ、柔軟な診療体制が築けるといったメリットがあります。

呼吸器内科を東京で開業する際、必要な設備や機器とは?

上記のような設備が必要となってきます。もし他院との差別化を図るのであれば、CTなどの設備も完備しておくと良いでしょう。ただ医療設備を充実させればさせるほど、費用が高くなってしまうので注意が必要です。慎重に予算を考えた上で、無理のない範囲で開業計画を立てるようにしてください。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。