東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「泌尿器科」を開業する際のポイント

東京で「泌尿器科」を開業する際のポイント

泌尿器は誰からも知られている診療科です。しかし中には泌尿器科に通うことに恥ずかしさを感じている人も少なくありません。だからこそ恥ずかしさを感じてしまわないよう配慮したクリニックづくりが大切です。このページでは泌尿器科を開業するポイントや開業資金、注意点などを紹介するので参考にしてみてください。

東京の泌尿器科が診療する範囲

泌尿器科とは、尿の排出に関連する腎臓・輸尿管・膀胱・尿道などに関係する疾患を診るための診療科です。そのため男性・女性の性別に関係なく、誰しもが受診するかもしれない診療科ともいえるでしょう。もちろん陰茎・陰嚢・前立腺など男性にしかない臓器の診療も診るため、男性が主な患者と思われがちですが、実際は女性も数多く来院しています。

とくに排尿に関することは高齢者だけでなく、赤ちゃんにも起こる生理現象です。もし上手く排尿ができないといった症状があれば年齢に関係なく受診することもあるでしょう。

上記のような疾患が主な対象となります。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

泌尿器科の開業ポイント

立地

泌尿器科に通院する方の多くが周囲の人に知られたくない、受診に対して恥ずかしい、と感じています。そのため泌尿器科を開業する立地として、人通りが多い場所に面していない、階数も2階以上のビルが望ましいでしょう。ただ泌尿器科は比較的高齢者も多いため、駅から遠い場所は望ましくない点も注意が必要です。広さとしては40坪ほどのスペースがあれば、開業するに十分と言えるでしょう。さらに内科・皮膚科を診療した方が状況によっては泌尿器科に紹介される場合もあるので、内科・皮膚科と連携を図りやすい距離に位置するのも覚えておきたいポイントです。

内装

内装を考える際も、患者の気持ちに寄り添うことが大切です。できる限り患者同士が接触しにくい動線にし、受付や診療室での会話が他の患者に聞かれないように配置、防音対策を行う必要もあります。たとえば多くの方が安心して受診できるよう個室にするなどの配慮も検討しましょう。また観葉植物を上手く配置することで、視界を遮り、周囲の目線を気にしない空間づくりにも役立ちます。入りやすく、過ごしやすい空間を作るよう考慮した内装を設計してください。

採用

泌尿器科の診療を行うためには、看護師・受付スタッフなどが必要になってきます。患者にとっては医師よりも看護師や受付のスタッフと過ごす時間が長く、どんなに医師が好印象でも他のスタッフの印象が悪ければ、再び来院したいとは思わないでしょう。とくに泌尿器科は思い悩んだ末に来院する方も多いため、寄り添った対応が必要不可欠です。スタッフを採用する場合は、接しやすくコミュニケーション力が高い人材かどうかをチェックしましょう。また採用後もスタッフ全員に教育を徹底するよう心掛けてください。

マーケティング

泌尿器科を探す人の中には自宅・職場の近隣にあるクリニックではなく、あえて広いエリアで探すケースもあります。そのためリスティング広告を上手く活用し、広範囲までアプローチする対策を講じるようにしましょう。宣伝・広告に注力することで、多くの方にアピールでき、患者数アップにも繋がります。

泌尿器科の開業資金

泌尿器科の開業資金の目安は4000万~5000万円ほどと言われており、内科などの診療科と比べても決して多額の資金が必要になるわけではありません。ただし医療機器を充実させる、好立地の場所に開業する、診療スペースが広々としているなどのケースだと7000万~1億ほどかかる場合もあるので注意が必要です。

また泌尿器科の場合、開業してからスグに患者が集まるのではなく、軌道に乗るまでに時間がかかる場合が多いので、半年~1年ほどの運転資金を用意しておくと安心でしょう。

東京で泌尿器科を開業する際の注意点とは

泌尿器科には多くの高齢者も訪れるので、段差が多い、通路が狭いなどの状況だと通りにくくなるだけでなく、転倒などのリスクも高まってしまいます。そのためバリアフリーに整え、動線などの工夫も施すようにしましょう。また免疫力が低下している方も多いので、衛生面などの配慮も欠かせません。

さらに初期費用を少しでも抑えたいのであれば、必要な設備・機器をリースするのも一つの方法です。開業時は上手くいくかどうかも不透明なため、無理な初期投資をしてしまうと経営自体に支障をきたすことも。ゆとりを持った資産計画を考えることが大切です。

泌尿器科を東京で開業する際、必要な設備や機器とは?

泌尿器科において必要な設備・機器はクリニックの状況によっても異なります。

上記のような設備・機器が必要となります。もちろん必ずしも全ての設備・機器を揃える必要はなく、予算に合わせて必要な設備・機器を吟味しなければなりません。設備・機器の中にはリースで対応できるケースもあり、予算によってはリースを上手く活用するのも一つの方法です。

また上記以外にも診察するためのデスク・イス・ベッド・コピー機などの設備も必要となります。ほかにも広告宣伝費などの費用も発生するので、トータルの費用で予算に合うかどうかを考えた方が良いでしょう。もし予算からオーバーしすぎてしまえば、経営にも影響を及ぼす恐れがあるので注意してください。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。