東京のクリニック開業ガイダンス » 東京でクリニック開業する前に!知っておきたい基礎知識 » 2024年におこなわれる診療報酬改定のトリプル改定とは?

2024年におこなわれる診療報酬改定のトリプル改定とは?

診療報酬改定とは、医療機関が国から受け取る診療報酬の単価を見直し、医療サービスの質と量を国の政策や経済状況に応じて調整することです。2024年は「トリプル改定」として特に重要な年となり、医療機関にとっては大きな変革の時期を迎えます。このページでは、改定の背景、重要ポイント、そして医療機関が取るべき準備について詳しく解説します。

2024年の診療報酬改定はトリプル改定

2024年の診療報酬改定は、これまでにない大規模な見直し、「トリプル改定」として注目されています。トリプル改定とは、「医療」「介護」「予防」の各分野が一体となった改定のこと。医療提供体系全体の質の向上と効率化が図られます。改定の目的は、医療サービスの持続可能性を高めるとともに、患者様の負担を軽減し、より質の高い医療サービスの提供を目指すことにあります。

改定の背景と目的

診療報酬改定の背景には、高齢化社会の進行とそれに伴う医療需要の増加、医療技術の進歩、そして経済状況の変化があります。これらの課題に対応するため、2024年の改定では、医療の質の向上、患者様のサービスアクセスの改善、そして医療費の適正化を目指しています。トリプル改定により、医療機関はより効率的な運営が求められるとともに、患者様にとっても利便性の高い医療サービスが実現されることが期待されます。

主な改定ポイント

トリプル改定の中心となるポイントは、以下の三つです。

これらの改定ポイントに対応するため、医療機関は新たなサービスの提供や、既存サービスの質の見直しなど、さまざまな対策を講じる必要があります。

改定で押さえておきたいポイント

診療報酬改定に際しては、医療機関が注目すべきいくつかの重要なポイントがあります。これらを理解し、適切な対応を計画することが、医療機関の持続可能な運営とサービスの質の向上に繋がります。以下に、特に重要な改定ポイントとその対応策について解説します。

診療報酬の見直し

2024年のトリプル改定では、診療報酬の体系自体が大幅に見直されます。これにより、医療機関の収入源が変化する可能性があるため、改定内容を正確に理解し、適切な経営戦略を立てることが必要です。具体的には、効率的な医療サービス提供を促進するためのインセンティブの導入や、患者様の負担軽減を目的とした報酬の調整が行われます。医療機関は、これらの変更に柔軟に対応し、質の高い医療サービスを持続的に提供するための準備が求められます。

新たに導入される制度

トリプル改定に伴い、新たな制度がいくつか導入される予定です。これらの中には、予防医療の推進や地域医療の連携強化を目的としたものが含まれており、医療機関には新たなサービス提供の機会が生まれます。これらの新制度にいち早く対応し、患者様に新たな価値を提供することが、競争力の強化に繋がるでしょう。

デジタル化推進に伴う変更点

デジタル化は、2024年の改定で特に強調されるテーマの一つです。電子カルテの普及率向上や、オンライン診療の制度化が進められることで、医療機関はより効率的な運営と、時間や場所を選ばない柔軟な医療サービスの提供が可能になります。これらの技術を活用することで、患者様の満足度向上にも繋がり、医療機関の魅力を高めることができます。

改定に備えて準備しておきたいこと

診療報酬改定への対応は、医療機関にとって重要な経営課題の一つです。改定内容を正確に理解し、効果的に準備を進めることで、改定後も医療機関が安定した運営を続けられるようになります。ここでは、改定に向けた準備として特に重要なポイントを紹介します。

内部体制の整備

診療報酬改定に伴う変更に対応するためには、まず医療機関内部の体制を整備することが重要です。具体的には、改定内容を共有し、各部門が協力して対策を講じるためのプロジェクトチームを立ち上げることが効果的です。また、変更内容に応じたスタッフの研修や教育も計画しておくことが、スムーズな移行を支援します。

情報収集と分析

改定の詳細を把握し、自院にどのような影響があるかを正確に分析することが、適切な準備を行うためには不可欠です。公的機関からの情報や業界団体からのアナウンスに注意を払い、変更点を随時チェックします。また、類似医療機関の取り組みを参考にすることも、有効な戦略策定に役立ちます。

患者様への情報提供と対話

改定による変更は、患者様にとっても重要な影響を及ぼす可能性があります。改定の内容とそれが患者様の受けるサービスにどのような影響を与えるかを明確に伝えることは、信頼関係を維持し、混乱を避けるために重要です。クリニックのウェブサイトや院内掲示、直接の対話を通じて、改定内容を積極的に情報提供しましょう。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。