東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「眼科」を開業する際のポイント

東京で「眼科」を開業する際のポイント

東京で眼科を開業したいと考えている方に向け、再確認しておくべき診療範囲や方向性、準備する機器についてご紹介します。

東京の眼科が診療する範囲

眼科は、眼に関する全般的な治療や予防の診察に対応する診療科目です。対応方針としては以下に分けられます。

何かに特化するケースもあれば、総合的に対応する眼科もあります。

眼科は他の診療科目と比較すると、眼科のみでクリニックを開業するケースが多い診療科目です。

しかし眼科と他診療科目の相性が悪いわけではありません。眼とつながっている部位の耳鼻科と合わせるクリニックもありますし、糖尿病とも関連性があるため内科との併設も多くみられます。

眼の病気として挙げられるのはドライアイや緑内障などです。手術に対応するか否かで用意すべき設備は変わってきます。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

東京における眼科開業時の注意点

東京で眼科を開業する際、診療方針の方向性によって広告展開が大きく異なる診療科目であることに注意してコンセプトを決める必要があります。

コンタクトレンズやメガネを購入するにあたってのカルテや処方箋に対応する場合、各店舗で紹介してもらえれば自発的な広告宣伝をせずとも患者が増えていきます。

糖尿病網膜症に特化する場合も糖尿病の患者が訪れる内科から紹介してもらえるため、よい関係が築ければ運営が安定します。

一方、眼の病気治療や手術に特化する場合は積極的に告知を展開しなければいけません。

特にレーシックは副作用やリスクなども気にされやすい手術です。過去の手術実績や万が一トラブルが起きたときのサポート体制、日常的な安全管理などをしっかりアピールしないと東京では患者から選ばれにくくなってしまいます。

もちろんいずれかだけに特化するのではなく、全てを複合的に診療しても問題ありません。

ただ「眼科の経験が長いから眼科として独立しよう」と考えるのではなく、医院のコンセプトをきちんと定めてから準備を進めるのが失敗しないポイントです。

東京で眼科を開業する際に必要な機器の準備

東京で眼科を開業するにあたって必要な準備は構成によって異なります。基本的に視力検査ができる下記機器は必須です。

緑内障や白内障の治療に力を入れるならOCT検査機や眼内レンズ検査機なども必要になってきます。

特に東京なら比較的新しい医療機器を設置しているクリニックも珍しくありません。開業時にはなくても後々増えてくる可能性もあるでしょう。 手術にきちんと対応する眼科を検討しているならば初期費用がかかってしまいます。

またコンセプトを問わず、患者の予約やカルテが便利になるシステムも導入しておきましょう。

コンタクトやメガネの処方箋の場合半年から数年間に1度しか訪れない患者も多くなってきます。細かく記録しすぐに情報をとりだせるようにして回転率を上げたいものです。

医院のコンセプトによって適した立地は変わってきます。開業を考えている眼科医師の方は、あらかじめ眼科のマーケティングや戦略に長けている企業へ相談しながら決めるのがおすすめです。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。