東京のクリニック開業ガイダンス » 診療科目別で見る!東京のクリニック開業 » 東京で「整形外科」を開業する際のポイント

東京で「整形外科」を開業する際のポイント

東京で開業する整形外科の対応範囲

整形外科は身体の内部や運動に関連する外科科目で、下記が診療する範囲です。

運動機能全般に対応する診療科で、内臓以外はひととおり対応します。理学療法士や作業療法士、そしてマッサージ師などチームでリハビリを実施する診療科目です。

整形外科の開業ポイント

立地

整形外科を開業する際に、まず留意したいのはリハビリ施設を設けるかでしょう。リハビリテーション施設の算定をすれば、診療報酬も高くなりますので、多くの整形外科ではリハビリ室を設置しています。

ただ、リハビリ室の算定基準は最低でも45平方メートルですから、それだけ物件が絞られてしまいます。

リハビリ室を設置する、しないに関わらず、整形外科の場合若年層から高齢者まで幅広い患者さんが来院します。

そのため、住宅地、駅に近いビジネス街など、比較的どのような立地でも開業しやすいでしょう。

ただ、理想的にはビルであれば1回部分、また、公共交通機関では通院困難な患者さんもいますので、駐車場の確保などが求められます。必要な広さは、約50~70坪で、施設基準によりリハビリ室は45平方メートル以上が必要となります。

内装

整形外科の内装において重要なことは、バリアフリーです。

歩行困難な患者さんや車いすの患者さんも多く想定し、スロープやエレベーターは必須となります。また、整形外科の特徴として、診療メニューが多岐にわたるということがあります。

診察を受ける人、検査を受ける人、リハビリを受ける人などが受付からスムーズに動けるような導線確保は欠かせません。

歩行困難な方でも、安全にたどり着ける通路の確保も必要です。他の診療科以上に段差のチェックや車いす、歩行器への配慮が必要になるでしょう。

待合室も車いすが入ることを想定して、広めのレイアウトにしておくことが必要です。

また、上記のように診療メニューが多くあるため、できればリハビリの方の待合室と、診療の方の待合室は分けておくほうがスムーズでしょう。

採用

整形外科の特徴として、事務職員の他に多くのコメディカルが必要だということがあります。

看護師はもちろんですが、リハビリ室を設置すれば、理学療法士、作業療法士が必要です。また、他の診療科と比較してレントゲンなど放射線検査が多いため、診療放射線技師の採用も必要でしょう。リハビリ助手という職種も考えられますが、こちらは事務スタッフと兼務することも多いようです。

このように、多くの人員が必要となるため、人材確保は難航する場合もあります。

特に理学療法士は一般的に人手不足が指摘されており、報酬も高止まりとなっている傾向にあります。

しかし、開業から集患に成功をすれば、リハビリの回転も良くなり、多くの人員を抱えていても順調な収益を見込める様になるでしょう。

マーケティング

整形外科は、幅広い年齢層の患者さんが来院する診療科です。そのため、マーケティングも多岐わたります。

高齢者に訴求するためには、ポスティングや新聞の折込広告、駅などに設置される看板広告などの手段が考えられます。その下の年代に対しては、やはり、インターネットの活用が欠かせません。

ホームページを製作することはもちろんですが、グーグルビジネスプロフィールなどを使った検索での優位性を確保することも効果的です。

また、地域の特性を活かした戦略も必要です。例えば、学生が多い地域であれば、スポーツ外傷やトレーニングを前面に出したマーケティングも有効です。また、高齢者が多い地域では、通所リハビリテーション施設などを展開する方法もあるでしょう。

整形外科科の開業資金

整形外科を開業する際の資金シミュレーションを下記に掲載しています。なお、立地や人員数により、金額は変動します。また、医師会への入会金は含まれていません。

不動産 敷金 4,320,000円
礼金 792,000円
仲介手数料 792,000円
設計・施工 設計・施工 33,000,000円
看板・サイン 550,000円
医療機器 レントゲン(発生装置)12,650,000円
測定関連 (骨密度、血圧脈波、体成分分析装置など)6,600,000円
物理療法関連 (マイクロ波、超音波、赤外線、エアマッサージウォーターベッド、牽引装置)4,400,000円
運動療法関連(鏡、バランスボール、平行棒、その他)3,300,000円
その他(滅菌機、AED、電動診察台、無影灯)1,650,000円
システム 電子カルテ 3,850,000円
WEB予約システム 880,000円
オンライン診療システム440,000円
家具・家電 4,400,000円
採用 採用経費 220,000円
マーケティング ホームページ制作 1,100,000円
開業前各種広告費用 2,200,000円
資材等 ロゴマーク作成 110,000円
名刺 55,000円
パンフレット 330,000円
診察券 55,000円
封筒 55,000円
研修時人件費 1,100,000円
行政手続き 社労士(労働保険、社会保険)110,000円
行政書士(開設届関係)220,000円
その他 雑費(備品、ユニフォーム等) 1,100,000円
84,279,000円

東京で整形外科を開業する際の注意点とは

東京はクリニックを開業するにあたって競合が多い地域です。

全般的な整形外科として展開すると幅広く対応できるものの、反対に差別化できないために集患が難しいケースもあります。

下記のように専門分野に特化するクリニックも多くあります。

過去の勤務実績から得意分野がある医師は、特化したクリニックを開業するのがおすすめです。

ただし専門的な症状に特化した診療科目名は広告規制の制限があるため事前に調べておく必要があります。

細分化したクリニック開業を検討する方は、コンセプトや立地も含めてクリニック開業を得意とするコンサルタントに相談して方向性を決めると、将来的に経営が安定しやすくなります。

このサイトでは、様々な診療科目のクリニック開業をサポートしてくれる会社をまとめています。
TOPページでは診療圏調査が無料のおすすめの会社3選を紹介していますので、ビジネスパートナーを選ぶ際の参考にしてください。

診療圏調査を無料で実施!
【特徴別】東京の
クリニック開業を支援する会社3選

東京の整形外科は道具や機器にかかる開業費用が悩みどころ

整形外科は他の診療科目と比較してもスタッフ及びクリニック内のスペースが多く必要とされます。

診察室、待合室、治療室などは他の診療科目でも必要となりますが、整形外科にはリハビリ室も必要です。

かつ複数の治療方法に対応するなら多くのリハビリ機器と部屋を用意しなければいけません。クリニックのバリアフリーも運動器に症状を抱える整形外科では特に重要視される点となり、工事費用もかさみます。

さまざまな機器をそろえたい気持ちから複数機器を用意したことで費用が高くなってしまうのは、東京の整形外科開業でありがちな落とし穴。

特に東京は地域によるものの人件費や土地代が高くなりがちです。

最低限必要とされる機器の一例として、歩行補助具や訓練マットなどが挙げられます。言語聴覚療法に対応する際には聴力検査や記録装置なども必要です。

細分化された症状に特化するのは、土地代やスタッフを抑える意味でも経営がうまくいきやすいポイントです。

またリハビリは別施設と連携し費用を抑える方法もあります。ただし施設の面積や常勤療法士の人数によって診療報酬に影響する施設基準が変わります。

立地や他クリニックとの兼ね合いで、診療報酬をとるか出費を抑える戦略をとるか検討しなければいけません。

医師ひとりだけではエリア内のクリニック情報や戦略を考えるのは難しいため、コンセプトも含めて開業サポート会社に相談するのがおすすめです。

診療圏調査を無料で実施
【特徴別】
東京のクリニック開業を
支援する会社3選
テナント(医療ビル・モール等)で開業
      初期費用を抑えつつ
集患しやすい立地を
重視するなら
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)_公式サイトキャプチャ

          引用元:なの花東日本公式HP(https://www.msnw-kaigyou.jp/)        

おすすめの理由
  • 自社でテナントの企画開発まで手掛け、集患力の高い医療ビル・モールを紹介
  • 物件探しから開業申請手続きまで、開業にかかわるコンサル費用は無料

なの花東日本の
公式サイトで支援
内容を詳しく見る

電話で問い合わせる
※音声案内後に③をプッシュ

医院継承で開業
医療ITシステムを導入し
医療事務の効率化を図るなら
PHCメディコム
PHCメディコム_公式サイトキャプチャ

          引用元:PHCメディコム公式HP(https://www.phchd.com/jp/phcmn)        

おすすめの理由
  • 医療業界のM&Aに精通したアドバイザーが在籍、スムーズな医院継承を実現
  • 既存システムを刷新し業務を効率化、ITの側面から課題解決

PHCメディコムの
公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

戸建てで開業
開院したい地域が
決まっているなら
アプト
アプト_公式サイトキャプチャ

          引用元:アプト公式HP(https://www.iinkaigyo-navi.net/)        

おすすめの理由
  • 23区と23区外の戸建て物件情報を豊富に保有
  • 不動産仲介業や建築工事業を展開、希望のクリニックを建てる

アプトの公式サイトで
支援内容を詳しく見る

電話で問い合わせる

【3社の選定理由】
2022年3月17日時点「クリニック開業 東京」「医院開業 東京」とGoogle検索して表示された59社の中から、本格的な診療圏調査を無料で提供している会社の内、3社を以下の理由により選出。
なの花東日本(メディカルシステムネットワークグループ)…該当企業の中で唯一、開業のコンサルティング費用が無料で、自社でテナント(医療ビル・モール等)を企画開発している。
PHCメディコム…該当企業の中で、医院継承に対応し、最も多くの医療ITシステムを開発している。
アプト…該当企業の中で、23区、23区外(諸島部除く)戸建て物件の紹介数が最も多く、不動産仲介業や建築工事業を行っているため、自由度の高い物件を見つけることができる。